癒しのスキル アロマテラピー 癒しのスキル アロマテラピー

更新日:2017/04/11

アロマコーディネーター(JAA)とは

アロマコーディネーターとは

アロマコーディネーター資格とは、日本アロマコーディネーター協会(JAA)が認定する最もベーシックなアロマの資格です。協会の認定スクールで所定のカリキュラムを修了してから、アロマコーディネーター認定試験を受験して合格することで資格を取得することができます。(※合格後に日本アロマコーディネーター協会の正会員として登録する必要があります。)

アロマコーディネーター認定試験 受験要項

資格名 アロマコーディネーター認定試験
主催 日本アロマコーディネーター協会(JAA)
実施日 年3回、2月・6月・10月の予定
受験料 10,800円(税込)
受験資格 日本アロマコーディネーター協会(JAA)が認定するスクールで所定のカリキュラムを修了していること
試験形式 理論試験(筆記及び択一式)
小論文(800字程度の課題作文)
合格率 90%以上
登録料&年会費 登録料 32,400円(税込)
年会費 12,960円(税込)

アロマコーディネーターについて

アロマコーディネーター講座のカリキュラム

アロマコーディネーター資格を取得するには、認定試験を受験する前に指定のカリキュラムを修了する必要があります。

カリキュラム
アロマセラピー概論
精油の抽出方法
ブレンドの比率と香りの相性
人間の脳と嗅覚
フェイシャルトリートメント理論
ボディトリートメント理論
アロマセラピーと精油の歴史
精油の安全性
精油に含まれる成分
香りの心理作用
アロマセラピーに関する法令

資格取得にかかる期間は?

アロマコーディネーター講座のカリキュラムは全15回、約30時間。週1ペースの通学なら4ヶ月程度で修了できます。スクールによってはフリータイム制での受講や短期集中での受講に対応しているところもあります。
試験は毎年2月、6月、10月に予定されているので、試験月に合わせて学習スケジュールを組むのがおすすめです。

アロマコーディネーター資格で扱う精油

アロマコーディネーター資格取得のためのカリキュラムで扱う精油は12種類。実習ではアロマバス、ボディシャンプー、ルームフレグランスや、ローション・クリーム・パックなどのスキンケア用品づくりなどを行います。

対象の精油:イランイラン、カモミール・ローマン、グレープフルーツ、サイプレス、ゼラニウム、ティーツリー、フランキンセンス、ベルガモット、ユーカリ、ラベンダー、レモングラス、ローズマリー
※日本アロマコーディネーター協会(JAA)の直轄校「日本アロマコーディネータースクール(JAS)」のコース概要を参照しています。

資格取得にかかる費用

アロマコーディネーター資格の取得に必要な費用をまとめました。協会指定カリキュラムの受講にかかる費用や受験料のほか、アロマコーディネーターの資格認定を受けるには協会への会員登録が必要なため、協会への登録料や年会費がかかります。

指定カリキュラムの受講料:約130,000円〜200,000円(※スクールにより異なる)
認定試験受験料:10,800円
アロマコーディネーター登録料:32,400円
アロマコーディネーター年会費:12,960円

アロマコーディネーターの資格を取得するにはスクールへ

アロマコーディネーターの資格を取得するには、日本アロマコーディネーター協会(JAA)の直轄校もしくは協会認定のスクールで指定のカリキュラムを修了する必要があります。
協会の直轄校である日本アロマコーディネータースクール(JAS)では、通信講座にて資格対応コースを開講。日本アロマコーディネータースクールの修了生はアロマコーディネーター認定試験を在宅で受験できます。
講師の直接レッスンを受けたい方には、協会が認定するスクールへの通学がおすすめ。スクールごとに通学スタイルや認定試験前のサポートなどに違いがありますので、自分に合ったスクールを選ぶといいでしょう。教室の立地やレッスンの雰囲気も大事なポイントです。まずはパンフレットを取り寄せ、受講のイメージをつかんでみましょう。

アロマの講座選びなら
BrushUP学び

BrushUP学び アロマテラピーを学ぼう
BrushUP学び

BrushUP学びはアロマ資格を中心に、セラピストを目指す方が通う、癒し系スクールなどの情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。

アロマの資料請求はこちらから