癒しのスキル アロマテラピー 癒しのスキル アロマテラピー

更新日:2016/04/26

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピーの理論にもとづいた施術

イメージ

アロマセラピストといえば、やはり精油を使った施術がメインのお仕事です。体の凝りをほぐすなどのリラクゼーションを目的とするサロンもあれば、リンパの流れをよくして脚やせや小顔効果を狙うなど美容目的のものもあり、施術の内容はお店によって多種多様。顔や脚、足ツボなど、専門のパーツがあるサロンもあります。

アロマセラピーでは、ハーブや植物の花・葉・根・種子などから抽出したさまざまな種類の精油を使ってトリートメントを行います。この精油の成分や香りが美容や健康をサポートするとされているのですが、お客さんの心身の状態によってどの精油が最適かは異なります。一人ひとりに合った精油を選定することも、アロマセラピストの大事な仕事です。

精油には200〜300もの種類があり、安眠、集中力アップ、食欲不振、冷え症、むくみ、肌あれ、月経不順など、その効用もさまざまです。これらの効用は病院で処方される薬のように即効性のあるものではありませんが、心身の状態をおだやかにととのえてくれます。自然由来の成分を使っているので、体に直接塗っても安心。「病院に行くほどではないけれど、なんだか体の調子が悪い」というときのセルフケアにもピッタリなんです。

お客様へのカウンセリング

アロマセラピストの施術を受けにくるお客さんは、何らかの悩みを抱えていることがほとんどです。そこをはずさずにアプローチできれば、お店への満足度もグンと上がるもの。そんなお客さんの悩みをしっかりと理解して適切なアドバイスができることも、アロマセラピストに求められる能力のひとつです。

施術の前にはカウンセリングを行い、今現在抱えている心身のお悩みをヒアリングしていきます。たとえば「肩こり」という症状でも、ストレスからくるものもあれば目の疲れからくるもの、運動不足からくるものもあり、その原因は人によってさまざま。どのタイプに当てはまるかによって、アプローチの方法は違ってきます。カウンセリングを丁寧に行うことは、トリートメントの効果を上げるためにも大切なのです。

このようにアロマセラピーは毎日の生活習慣レベルからの改善を必要とするものですから、施術後のアフターフォローも必須です。トリートメントの効果を持続させるための自宅ケア法をお客さんに伝えるサロンも多くあります。

特に美容や痩身を目的とするサロンでは、お客さんのお悩みにそって、食生活や運動、生活サイクルなどのカウンセリングを行うこともあるようです。施術内容やアドバイス内容をカルテに記録しておくことで、長期的な視点でアドバイスを行うことができますし、お客さんに継続して来店してもらいやすいというメリットもあるからです。

施術の準備、後片付け、事務作業

イメージ

アロマセラピストは知識や技術を売りにする職業ではありますが、同時に「接客業」という側面も強い仕事です。お客さんにリラックスして施術を受けてもらうために、行き届いたおもてなしは欠かすことができない要素だからです。 サロンを清潔に保ったり、器具や備品の手入れをするのも、アロマセラピストの大事な業務。精油の補充からタオルやシーツなどの洗濯、店内のBGMの選定まで、きめ細やかな心配りが必要です。

お店によっては、予約などの電話応対やカルテの整理、パソコンでのデータ入力などの事務作業が業務に含まれることもあります。 電話応対では、サロンの顔としてはずかしくない言葉づかいができる必要があります。とっさのときにもあわてないように、慣れないうちはビジネスマナーを復習しておくとよいでしょう。 また、カルテの内容やお客さんの名前、住所などは大切な個人情報。適切な取り扱いができるよう、日ごろから情報リテラシーを高めておきましょう。 これに加えて、施術の合間に効率よく事務作業をこなせる器用さや、お客さんの来店時やお帰りの際に気持ちのよい挨拶をすることができる明るさも、アロマセラピストの適性のひとつです。

勤務が長期にわたるようになると、リーダーやチーフを任されることもあるようです。こういった立場になると、日々の施術や事務作業のほかに後輩への指導やマネジメントも仕事内容に加わります。 業務の負荷は重くなりますが、昇進や昇給が見込めることも多いよう。また将来あるアロマセラピストの指導は、とてもやりがいのある仕事でもあります。これまで身につけた知識や技術を活用し、さらなるキャリアアップを目指すのもよいかもしれません。

アロマの講座選びなら
BrushUP学び

BrushUP学び

BrushUP学びはアロマ資格を中心に、セラピストを目指す方が通う、癒し系スクールなどの情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。

アロマの資料請求はこちらから