癒しのスキル アロマテラピー 癒しのスキル アロマテラピー

アロマトリートメントとエステの違いは?

施術内容はどう違う?

イメージ

アロマトリートメントの定義は「アロマオイル(精油)を使う施術」。アロマオイルの成分や香りがもたらす効果によって体を本来の元気な状態に近づけるのが目的とされています。アロマオイルは植物の花や葉、根などから抽出されているので、独特のよい香りがします。この香りによる精神的なリラックス効果も、アロマトリートメントの効用のひとつです。

これに対してエステの目的は、肌のハリ・ツヤのアップ、ウエストなど特定の箇所のサイズダウン、下垂が気になる部分のリフトアップなど、美容面のアプローチであることがほとんど。美容液などの化粧品や最新の機器を用いることもあります。

こうした性質上、アロマトリートメントはカウンセリングを重ねつつ長期的な視野で体質改善をはかることが多く、エステでは比較的即効性が求められることが多いと言えるかもしれません。お店によっては、エステの施術前と施術後にそれぞれウエストや脚のサイズを測り、サイズダウンの効果を見せることもあるそうです。

料金は施術内容によるところが大きいので、一概にどちらが高い、安いとは言えません。ただし、アロマトリートメントに使うオイルに比べて、エステで使う美容液や最新の機器は高価になることが多いもの。これらの料金が上乗せされる分、エステのほうが施術料が高くなる傾向にあるかもしれません。

資格の認定内容はどう違う?

アロマセラピストもエステティシャンも、日本においてはどちらも公的な資格はなく、民間の資格を取得しています。名前だけだと違いがわかりにくいという人も、資格の認定内容に目を向けるとイメージがわきやすいと思います。

アロマセラピストの資格認定試験ではトリートメントの技術はもちろんのこと、アロマオイルの性質や効果などの知識面や、お客さんのお悩みを正確に聞きだすカウンセリングの技術が求められることも多くあります。これらは長期的な施術や、健康面の改善を期待する人の要望に応えるためです。

これに対してエステティシャンには、何をおいても即効性のある美容の技術が求められます。もちろん肌のターンオーバーの仕組みや美容に効果的な成分などの知識も学びますが、どちらかというと技術の取得に重点が置かれることが多いようです。 とはいえ、美容と健康は密接につながっており、明確な線引きをするのはむずかしいもの。最近ではアロマセラピストとエステティシャンをひとくくりに「セラピスト」と呼ぶことも増えてきています。

このように、アロマトリートメントとエステは似ているようでまったく違うもの。自分がどちらになりたいのかによって、取得を目指すべき資格も変わってきます。勉強を始める前に、しっかりと確認しておきましょう。

アロマの講座選びなら
BrushUP学び

BrushUP学び アロマテラピーを学ぼう
BrushUP学び

BrushUP学びはアロマ資格を中心に、セラピストを目指す方が通う、癒し系スクールなどの情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。

アロマの資料請求はこちらから